染み抜き設備
Facilities

染み抜き名人.comでは最高の結果を得るために最高の環境と設備を整えています。
プロとアマチュアの違いは知識や経験もさることながら、設備や道具がそれ以上に重要な役割も担っていたりもします。
とはいえその道具をどのように使い、機械をどう操作するかによってもまた技術の差が開きます。
知識と経験に最高の設備が備わってこそ最高の技術を生み出すことができると考えています。

染み抜きガン

染み抜きガン

染み抜きのメインになってくる道具です。
素材を貫通し表面のシミだけを取り除く生地を傷めない特許仕様の機械です。
上から油性系のシミ、水溶性のシミを落とし、下からバキュームで吸い込むようになっています

スチームガン

スチームガン

シミを漂白したり、熱してシミを動きやすくするための機械です。
経験と感覚で遠近させ温度を調節したり、スチームの噴出量を変えて使用します。

超音波染み抜きガン

超音波染み抜きガン

繊維の奥に入り込んだシミを超音波で溶かすように浮き上がらせます。
24.5kHzという周波数で繊維との相性を考えて作られた機械です。

染み抜き剤

染み抜き剤

血液のシミ、コーヒーのシミ、タンパクのシミ、インクのシミなど
それぞれのシミに対応した染み抜き剤を繊維の種類に合わせて選定し使用します。

漂白剤

漂白剤

酸化漂白、還元漂白、光漂白などシミの性質によって使い分けます。
素材と状態とシミの種類に応じて温度や濃度の調整をうまくできるかどうかが明暗を分けます。

染料

染料

素材に応じて酸性染料、直接染料、アルコール染料などを使い分け
できる限り染色堅牢度が高くなり、かつきれいに修正できるよう心がけています。

顔料

顔料

染料では色修復できない衣類に対して使用します。
素材の風合いをできる限り壊さないバインダーを使用し、その配合も当店オリジナルです。

助剤

助剤

色修復の際に染料を定着させたりするのに使います。

刷毛・筆

刷毛・筆

きれいに色修復するために最適な動物の毛を使用した筆や刷毛を使って繊維に色を刷り込みます。

エアーブラシ

筆では修復する境界が目立つ場合や広範囲の修復の際に使用します。
また、革の修復では塗装面によってはこの道具を使用します。
目的や素材に合わせて5種類の口径のものを使い分けています。

2層式洗濯機

自分の加減で操作できる全自動ではない洗濯機は染み抜き専門店にとってはなくてはならない武器です。
温度や時間を自分の手と目で確認しながら使えるこの洗濯機は手放せません。

大切な衣類の染み抜きは「染み抜き名人.com」にお任せ下さい!

029-828-5048

営業時間:平日10:00~18:30
日曜9:00~12:00
水曜・第2第4日曜・祝日定休

 
Page Top