黄ばみの種類と染み抜き
Yellow tint

【衣類の黄ばみとクリーニング】

衣類の黄ばみの原因で一番多いのが皮脂などが衣類に付いたまま酸化してしまうことです。
汗をかいた衣類を1年も放っておくと襟や脇の部分が黄ばんだり変色したりします。
汗をかいていなくても一度着用した衣類には必ず皮脂が付着します。
なので冬用のコートの襟が黄ばんでくるのはきちんと襟の汚れが落とせていないことが原因です。

クリーニングに出したのにしまっておいたら黄ばんでしまった、というのは良くあることで、これはクリーニング店のせいでもお客様のせいでもないと当店は考えます。

例えばお風呂をいつも手洗いでしっかり洗っていても、いつかはコーティングがはがれ汚れが付きやすくなり薄汚れてくることと似ています。
ならばしっかりとクリーニングしてほしいと願う気持ちもわかりますが、クリーニングの度に衣類にもっと負荷をかけて漂白まで行うということは、ワイシャツなどの丈夫な素材と作りならばいいですが、ベージュの綿のコートなどとなると色もさめやすくなりますし、毎回クリーニングにそれだけのコストをかけるのも賢くないかと思います。

ドライクリーニングはあくまで普段の汚れを素材にできるだけ負担をかけずに洗うことを目的に考え出された方法です。
蓄積された汚れやシミ、黄ばみは部分的に染み抜きするほうが衣類にとっても良いことだと考えます。

いつかしっかりと染み抜きして汚れと黄ばみを除去しないといけいない日が来るということを念頭においてお気に入りの衣類の寿命を延ばせるといいかと思います。

【落ちない黄ばみ】

黄ばみは基本的には漂白で落とすことができます。
とはいえ黄ばみの箇所には油脂やタンパクなども含んでいるためまずはそのコーティングを剥がしてあげることをしないと漂白は効きません。

プロはそれを素材や状態に応じて的確に処理していくためきれいに染み抜きできるのです。
それでも落ちない黄ばみもあります。

おそらくそれは蛍光染料の剥離だったりします。
白い生地ももとは生成りと呼ばれる薄い黄色の色をしています。
それを蛍光染料で染めることによって紫外線によって真っ白に発色するように見せているのです。

染み抜き名人.comでは蛍光染料での修復も行っておりますが、すべてがその処理によって戻るとは限りません。

【白いシャツは染み抜きが簡単?】

白いシャツは色落ちの心配がないから簡単?
と思われがちですが、シミが少しでも残っていたら目立つため逆に大変な部分もあります。
前述した蛍光染料の剥離のリスクもあります。

逆にベージュのコートに付いた黄ばみならば薄くシミが残ったとしても色修復できれいにできるかほとんど目立たなくすることができます。

白だから染み抜きが簡単とは一概には言えないのです。

【黒い衣類なのに黄ばみ?】

黒い衣類の一部がどうやら色が違って見える。
洗濯しても家庭で中性洗剤で染み抜きしても落ちない、それは黄ばんでいるのかもしれません。

黒なのに黄ばむの?白じゃないのに?黄色くは見えないけど?
汚れが酸化して黄ばむのは白い衣類に限ったことではなく、実際には黄ばんだ状態になっているということがよくあります。

カットしたりんごの表面が時間が経って茶色くなってくるのとまさに同じ現象が生地上で起きています。
酸化しないように(塩)アルカリで変色を防いでりんごの見た目を維持する方法も有名です。

【ジーンズ、デニムの黄ばみ】

ジーンズやデニム生地は長年愛用することで独特の色落ちを楽しめるようになります。
しかし洗わないでいると茶色とも緑ともいえないような色に変色してきます。
これも黄ばみの仕業です。

色落ちを避けたい気持ちはわかりますが、黄ばみを防止するにはやはり洗うのが一番です。
ジーンズの洗濯は戸惑わず、お酢(色止め)を活用して手洗いしましょう。
思っているより色落ちせず、むしろ生地も黄ばんでいる状態よりもはるかに丈夫なまま保てますからリペアに出すサイクルを長くすることができます。

黄ばんでしまったデニムジーンズの黄ばみ抜きも承っておりますが、ある程度の色落ちはご了承いただいております。
さっぱりとリセットしたい場合にはご相談ください。

【塩素系漂白剤による黄ばみ】

家庭で染み抜きされる方でたまに塩素系漂白剤を使う方がいらっしゃいますが、塩素系漂白剤は酸化力が非常に強いため、白物や殺菌には有効ですが衣類には不向きです。

特にウール製品を塩素系漂白剤で家庭で染み抜きしたら黄色く黄ばんだようになてしまったというご相談を受けますが、これは直る場合とそうでない場合があります。
生地が傷んでしまっている場合は残念ながら厳しいです。

染み抜き名人.comでも基本的には塩素系漂白剤を使用することはほとんどありません。
ご家庭での漂白染み抜きは酸素系漂白剤のご使用をおすすめします。

【シルクネクタイの黄ばみ】

ネクタイはシルク製品であることが多いです。
シルクといえば着物ですが、要するには染み抜きにおいては着物と同じ扱いをしなければならないということです。

ネクタイを締めあげたときのクロスする首元の部分が黄ばむことがよくあります。
これも漂白によって染み抜きするわけですが、海外ブランド品のネクタイはとにかく色が落ちやすく色修復することが前提となります。

またブランドによっては柄も細かいため、息を止めながら神経をとがらせる修復作業を長時間続けるため、あまり広範囲になってしまっている場合には料金も高額になります。

どうしても大切にしたいお品物であれば別ですが買いなおしたほうが安くなってしまう場合もあります。

【襟、脇の黄ばみと変色】

襟や脇の黄ばみの原因は主に油脂の酸化と汗によるアルカリの仕業です。
予防には着用のたびにクリーニングに出すことと水洗いクリーニングが有効です。

染み抜き名人.comへのご相談で多いのは、綿のトレンチコートの次にシルクやレーヨンの黄ばみと変色です。
特に脇の下が輪ジミになっている場合はシルクやレーヨンの場合色修復が必要です。
特に変色している場合には筆で塗るのではなく、針を刺すような細かい作業の連続で色修復していきます。

高級ブランド品の染み抜きはご自分では何もなさらずに染み抜き名人.comにご相談ください。
基本的にシミは何も処理していないほうがきれいに染み抜きできる可能性が高いです。

【コートの袖口の黄ばみ】

コートの袖口は黄ばんだり黒ずんだりしてきます。
特にサラリーマンのトレンチコートは戦闘服ですから、黄ばみだけでなく、カーボンや油脂など様々な汚れが蓄積しがちです。

とはいえ真冬にトレンチコートを一旦クリーニングに出すというのもなかなか手放しずらくトレンチコートの袖口の汚れは蓄積しやすいです。

黒ずみは汚れの蓄積であることが多いですが、これを染み抜き名人.comでは「シミ」という認識でていねいに染み抜き処理いたします。
普段のクリーニングでは落ちない汚れを一旦クリーンに除去するのも染み抜き専門店の仕事であると考えています。

【コートの点々とした黄ばみ】

しまっておいたベージュのトレンチコートに点々と黄色とも茶色ともいえないシミがたくさんついているというのもよくあります。

この黄ばみの正体はおそらくカビであることが多いです。
カビと言っても洗えば落ちるようなカビではなく、よくお着物なんかに多くみられる部類のカビです。

これは部分的な染み抜き作業、全体的な処理、色修復など状態に応じて染み抜きしていくしかありません。
それでも今まで綿やポリエステルのコートであればほとんどがきれいにできています。

大切な衣類の染み抜きは「染み抜き名人.com」にお任せ下さい!

029-828-5048

営業時間:平日10:00~18:30
日曜9:00~12:00
水曜・第2第4日曜・祝日定休

 
Page Top